東南アジアから注目を集める『日本のお弁当』について(調査結果レポート)

平成24年12月11日
株式会社はんぶんこ

株式会社はんぶんこ(所在地:愛知県名古屋市、代表取締役:三浦英治)は、運営するウェブサービス『お弁当アート~世界に誇る日本文化』について、利用状況の調査結果を公表いたします。(集計期間:2012年4月6日~2012年12月9日)


【お弁当アート サービスURL】 http://obentoart.com/

【お弁当アート FacebookページURL】 https://www.facebook.com/obentoart


調査結果

お弁当アートFacebookページの利用状況を調査した結果、次の2点が明らかになりました。
  • 「いいね!」をした人の78.8%を、フィリピン、ベトナム、インドネシア、タイの4ヵ国が占めている
  • 「いいね!」をした人の76.8%が、24歳以下の女性である
このことから、東南アジアの10代~20代の女性を中心に、日本のお弁当に対する興味/関心が高まりつつあり、今後、日本文化として受け入れられる余地があることが窺えます。

図表.お弁当アートFacebookページに「いいね!」をした人の人口統計データと位置情報 お弁当アートFacebookページに「いいね!」をした人の人口統計データと位置情報



背景

近年、お弁当の具材をキャラクターに模してつくられる「キャラ弁」のブームがきっかけとなり、日本人の食に対するこだわり・繊細な心遣いが、海外のメディアでも驚きをもって取り上げられるケースが増えています。(BBC News※1)

※1 Close-up: Japan’s amazing lunchboxes

このような社会的背景のもと、「お弁当文化」のさらなる発展と、日本文化としての世界に向けたアピールを目的として、株式会社はんぶんこは、ウェブサービス『お弁当アート』の提供を2012年4月に開始しました。
その後利用者を増やし、2012年12月現在、お弁当写真の累計投稿数は2,500を超えています。


お弁当アート サービス特徴
  • Twitter(ツイッター)から写真を投稿する仕組みにより、スマートフォンやタブレットから手軽にお弁当の写真を投稿できる
  • Tumblr(タンブラー)、Pinterest(ピンタレスト)、Twitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)など、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を複合的に活用することにより、情報の拡散・コミュニケーションが促進される


本件に関するお問い合わせ先

株式会社はんぶんこ
所在地:〒466-0851 愛知県名古屋市昭和区元宮町3-66
E-mail:info@hanbunco.co.jp
担当:三浦
ホームページ:http://www.hanbunco.co.jp/